会社概要

2019-01-14

ARAI フルフェイスヘルメット RAPIDE-IR フラットブラック Sサイズ 55-56cm●仕様 

・モデル名 RAPIDE-IR(ラパイド-IR)
・帽 体 PB-cLc(ペリフェラリー・ベルテッド・コンプレックス・ラミネート・コンストラクション)
・規 格 スネル・JIS
・シールド スーパーアドシス I(アイ)タイプ】ライトスモーク色シールド】LRS標準装備(特許)
・内 装 FCSシステム内装(オプションにて調節可能‐特許)
・カラー グラスホワイト、メタルシルバー、グラスブラック、フラットブラック(つや消し)
・サイズ (54)(55-56)(57-58)(59-60)(61-62)

●コンセプト・安全性能 

・PB-cLc帽体

〈RAPIDE-IR〉のシェルは、様々な素材を丁寧に積層したPB-cLc構造。緩衝ライナーには、緻密な硬度設計を行なった一体成型の多段階発泡ライナーを採用。頑丈な帽体と、部位に合わせて多段階に発泡倍率を変化させた緩衝ライナーを組み合わせることにより、重量増加を抑え、頬下部までしっかり守るコンパクトなフォルムを実現。さらに、帽体の裾部分に段差を付けたハイパーリブが、構造強度をさらに高めている。規格改正により、より強固なシェルと、柔らかで厚みを持たせた衝撃吸収ライナーが要求されるスネル2010規格を、余裕でクリアする安全性能を〈RAPIDE-IR〉は確保している。


・エマージェンシー・タブ

転倒したライダーのヘルメットを、レスキュー隊などの第三者が脱がさなければならない状況では、脱帽時に抵抗がかかる頬部システムパッドを、まず外す必要性がある。そこで、タブを引くだけで頬部システムパッドが素早く除去できるよう、システムパッドに『エマージェンシータブ』を取り付け、万一の際には、スムーズに脱帽させることができるようになっている。


・コンパクトフォルム

スネル2010規格は、より強固なシェルと柔らかなライナーが要求される。シェルにはPB-cLc構造、さらに部位ごとに発泡倍率を変化させた多段階緩衝ライナーを組み合わせ、重量増加を抑え、頬部下部までしっかり守るコンパクトなフォルムを実現している。そのフォルムは、前方のみならず、多方向からの空気抵抗も軽減し、安定性を向上させている。また、側方目視による首ふりにおいても、空気抵抗の変化を最小限にとどめ、ヘルメットのグラつきを抑える。


・ハイパーリブ
ヘルメット下部の剛性を高める独自のハイパーリブは、自動車のバンパーのような緩衝装置の役割を果たし、側面からの耐圧性能を向上させ、より帽体が強固になった。後方の『サイドエキゾーストダクト3』へと滑らかに一体化させたフォルム。首元の風の流れをスムーズにし、ACRダクト4は、高速走行時にヘルメット上部の空気の流れを切り離し、気流を整流するスポイラー効果で、ヘルメットの安定性を向上させている。


・ニューESF (エッグ・シェイプド・フォルム)

ヘルメット下部の首周りがスッキリしまって見えるESF(エッグ・シェイプド・フォルム)を採用。これにより、ヘルメット下部の首周りは内側に向けて美しい曲面をえがき、安全性はもとより、空気の流れが驚くほどスムーズになった。また、頭を入れる間口の形状を見直し、着脱感を向上さている。もちろん、ESFの空力効果である安定性・静粛性は損ねることなく、安全性はもとより、空気の流れもIRスポイラーエッジとの相乗効果でスムーズになっている。


・IRスポイラーエッジ

ラパイドのスパルタンイメージをより強調させる『IRスポイラーエッジ』。風洞施設で空気の流れを検証し、数々のトライを重ね生まれた精悍さを生むフォルム。ヘルメット下部からの巻き込み風を抑え、高速走行時のヘルメットを安定させ、さらに静粛性も高めている。


ARAI アライ ヘルメット フルフェイス はじめて バイク RAPIDE-IR
価格
34,020円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く